育毛剤や治療薬の副作用

薄毛対策として育毛剤を使用したり薬を服用したりしている方、これからこれらを試してみようと考えている方は副作用のことを忘れてはいけません。
もちろん日本で販売されている育毛剤、処方される薬は基本的に安全ですが、やはり人によっては酷い副作用が起こってしまうこともあります。

育毛剤を使った時に最も多いのが、頭皮が痒くなる肌アレルギーです。
症状は痒くなる他に、皮膚の赤みや発疹などで頭皮が炎症を起こしている状態と言えます。
頭皮が炎症を起こしているという状態は言わずもがな育毛には逆効果ですので、すぐにその育毛剤の使用をやめて、皮膚科の受診をしましょう。

またミノキシジルという成分が含まれた育毛剤や薬を使うと、人によって激しい動悸や息切れ、めまいの副作用が確認されています。
特に不整脈や心臓に持病があるという方は危険ですので、ミノキシジルが入った育毛剤は避けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る