自律神経と薄毛の関係

自律神経と薄毛には深い関係があり、自律神経が乱れてしまうことで薄気になってしまうと言われています。

自律神経が乱れて髪にまず起こる変化というのが、毛にコシがなく細くなってしまうことです。
また自律神経が乱れることで髪の毛以外の身体の不調にも見舞われることが多いので、「薄毛だけを改善したい」ではなく、自律神経を正しくして体全体の健康バランスを整えるというのがとても大切な考えになります。

例えば睡眠不足や偏食を繰り返しているのに育毛剤を使って髪の毛を生やしたい、というのは薄毛を治す考えとしては駄目なだけでなく、結局結果に繋がることもありません。
薄毛を治したいと思ったらまずはライフスタイルを考え身体の不調を改善していくことを考えると、最終的に自然と薄毛も解消されていることが多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る