薄毛の原因として多いもの

薄毛には大きく分けて4つの原因があると言われています。

まず1つ目は血行が悪くなり、毛根に髪が成長する為に必要な栄養素が届かないというものです。
髪に栄養を届ける毛細血管が何らかの原因で血流が悪くなってしまうと、髪の毛に十分な栄養が届かなくなってしまい成長が止まってしまう、弱い毛になってしまうことでせっかく生えてもすぐに抜けてしまいます。
基本的に頭皮のマッサージをして血の流れを良くするのが対策となるでしょう。

二つ目は頭皮が引っ張られることで硬くなってしまい、血流が悪くなってしまうというもので、これも原理は先ほどと同じですので、同じように血流を改善あげるといいでしょう。

三つ目は皮脂の異常分泌により、毛穴が詰まってしまったり、皮膚に炎症が起こったりすることです。
改善する為には正しい頭皮ケアを行なうのはもちろん、普段の食生活を見直してバランスの良いものにしてみてください。

そして最後は男性ホルモンによる薄毛ですが、これは遺伝的な面が強いので、自分だけで対策や改善を行おうと思っても難しい部分が出てきてしまいます。
AGA専門クリニックや病院での治療を行なうのが一般的となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る