AGAは男性型脱毛症で、薄気に悩む方の多くがこのAGAと言われているほど多い症状です。

毛周期が乱れてしまうことで、前頭部と頭頂部の毛が細く短くなってくるのが初期症状とされており、最終的に額から始まった抜け毛が頭頂部にまで達してしまいます。
年齢も関係なく20代の約10%が、そして全体では約30%がこのAGAに悩んでいるそうです。

先ほど挙げた通りAGAの初期症状は生え際からの薄毛ですが、他にもチェックポイントとして抜け毛が増えていないか、髪の毛が全体的に細くなってきていないか、身内に薄毛の人がいないかということが挙げられます。
1つでも当てはまるような部分があると、AGAを疑った方が良いかもしれません。

健康な髪の毛の寿命は4年〜6年くらいなのですが、AGAになってしまうと数ヶ月から1年程度にまで減ってしまいます。
早めに対策を始める為にも、最低でも前髪のM字部分の後退が無いか、頭頂部のO型の部分が抜けてい無いかを定期的に確認するようにしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る